FAXDM | FAXDM原稿・ビフォーアフター

FAXDMビルダー・イポスタシスFAXDMコンテンツビルダー・イポスタシス

TOPページ会社案内特商表記お問合せプライバシー利用規約Blog会員ログイン

FAXDMビフォーアフター

TOPページ > FAXDMビフォーアフター

ビフォーアフター1

士業サイトを医院へFAXDM。医師への訴求力を高めると…

税理会計事務所のサイトサービスを告知し、メール相談を受け付ける狙いは同じだが、タイトルやキャッチコピーその他を工夫し、より一層医師への訴求効果を高めます。

医院用士業sam-before.jpgbeforearrow-1.png医院用士業sam-after.jpgafter


変更点は、
ヘッダー部に「お願い…」を記載。医院では、女性事務員は医師から「FAXDMは捨てといて」と言われているので、ここではもう一歩踏み込んで、「お手元お届け」をしっかりお願いする。
タイトルコピー「○○ではありませんか?…○○しませんか…」的な呼びかけ問いかけ文章を止め、「セカンドオピニオンが必要です」と断言法にする。よりインパクト強く、サービスを打ち出せる。また「セカンドオピニオン」という語も医師にはピンと来る言葉だ。彼らも患者から診断・治療方法のセカンドオピニオン対象となっていて、そのメリット、重要性も認識している。
税制もどんどん新しく変わっていく、という文章で、高齢の古いタイプの税理士見解だけでは、新しい情報や効果的な節税法に疎くなることを暗示する。
メール相談が有料であり、その分しっかりとした対応、責任ある返答を約束することを明記、他サイトや事務所との比較表も記載。
「メール相談」が売りであるのに、ビフォー原稿では対応メールアドレスが「Gmail」のフリーアドレスとなっており、これでは信用性が低い。実際にあった例だが、こういうところは、しっかり自ドメインのメールアドレスを用意する。こんな部分もネット世代の医師なら、しっかりと見ている。

など、です。

ビフォーアフター2

ワープロ打ちの原稿を、広告性とインパクトを高めると…

ワープロソフトで文章を平打ちした原稿。企業向けの社員健康管理サービスが商材だが、もっとインパクトのあるデザイン、レイアウト、訴求度を高めるには…内容はやはり全く同じです。

faxdm-before01.jpgbeforearrow-1.pngfaxdm-after01.jpgafter


変更点は、
原稿タイトル部の写真は、わかりやすいイラスト画像に変更。ゴチャゴチャした写真はFAXDMには適していません。写真を使用する場合は、コントラストの高い写真で、被写体が1つに絞られたものを大きめにレイアウトすべきです。そうでなければ、白黒はっきりしたイラストのほうがインパクトが出ます。
価格表記も「30000円→15000円」を「50%OFF」に変更。
お客様の抱きそうな疑問に答える形式と、流れをフローに変更。とかくレター文には、自分の言いたいことを思い切り書きしきつめる傾向が多いが、読む方に、読みづらい印象を与えたらマイナスである。
囲み枠にシャドーをつけたり、フォントの傾斜や書体にも工夫を付ける。
ヘッダー、フッターにお断りお詫び文をつける。
FAX受信拒否チェック欄を設ける。
など、です。

ビフォーアフター3

チラシ広告式の原稿を、レター式に変換すると…

新聞や雑誌、フライヤーなどのチラシ似のFAXDM原稿だが、ターゲットは都心のオフィス企業の社長や総務。これでは、即ゴミ箱行きになりそうだ。企業関係の調査業務なので、もっとクールなイメージで、ビジネスライクに、誠実な文章で訴えたい…。

faxdm-before02.jpgbeforearrow-1.pngfaxdm-after02.jpgafter



するとガラリと印象が変わります。
タイトルなどは企業経営者の目を惹き、思わず読ませてしまうような記事レポート形式にレイアウト。レター文には、丁寧に、真摯にその「ニーズ」を訴えます。
資料請求欄も、若干控えめな感じです。ビフォー原稿は「商売っ気」「売り込み色」を全面に出していると言えます。アフター原稿は、むしろそれらの姿を隠し、「誠実に必要性を伝える」そして「レポート請求へと導く」という流れです。
ビフォー原稿は、まさにその時、ニーズのあるお客様には、悪くは無いですが、資料請求などのレスポンスを上げるには、アフター原稿のほうが適していると言えるでしょう。

ビフォーアフター4

文書レター型FAXDMを、チラシ広告型にし、訴求力を高めると…

文字中心の原稿。ネットサービスの1つをPRするには、文章だけでは物足りない。
必要性を、さほど感じていない読み手にも、「やっぱり必要かな」と思わせるには…。
faxdm-before03.jpgbeforearrow-1.pngfaxdm-after03.jpgafter



恐怖心を煽ったり、レスポンスする気を起させたりするには「雰囲気」が必要。
同じ内容、同じサービスを提供するためのFAXDMでも、最初に関心を惹きつける力が違ってくる。
その後読み進めるうちに「ああ、やっぱりそうだ…」と思わせるのはどちらだろうか…

ビフォーアフター5

黒帯白抜きで強調する原稿を、グラデーションを使い、ソフトな原稿にすると…

現在、レーザー複合機の普及もあり、受信速度、FAX印字速度や画質は大きく向上しています。以前のように「黒帯に白抜き文字」を多用しなくても、グラデーションやグレーの濃淡で、アピールすることが可能になってきました。
faxdm-before04.jpgbeforearrow-1.pngfaxdm-after04.jpgafter



それならば、他社が相変わらず「文字中心」のFAXDMを送っているときに、ソフトなタッチながら他FAXとインプレッションで差をつけるレイアウトでPR。
商材の印象ともマッチする紙面にすることも併せて、FAXDMそのものの印象もアップする。